« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

春の散策3

三月もいよいよ終わりになります

このところ、ようやく春めき、いろいろな花も

咲き始めました

先日ウォークしていて、出会った花です。

Img_0507_2 Img_0500_2

左は、あるお宅のヒマラヤユキノシタです。

右は、海芋(カラー)です[三島の梅花藻の里]。

Img_0512_2 Img_0518

左は、富士宮市杉田のあるお宅の大きな桜です。

右は、富士市広見公園の薄墨桜です(公園に

一本あるのみです)。

大方の桜は、あと数日で満開でしょうか。 楽しみです

| | コメント (13) | トラックバック (0)

春の散策2

 ここ数日で急に春めいてきました。

ブログは、なんとなくごぶさたで・・・。

先日、父のあだ討ちで有名な曽我十郎、五郎兄弟に関連した遺跡が、

富士市厚原地区にありますが、まわってみました。

8か所ほどあるようですが、そのうちの曽我寺、曽我八幡宮、

五郎首洗い井戸、霊(玉)渡神社、虎御前の腰掛石の五ヶ所に

行って見ました。

Img_0472 Img_0464 Img_0466

Img_0465 曽我寺は、兄弟の墓 それに、

石像もありました。

Img_0470 Img_0468 Img_0469

次、下段は曽我八幡宮です。

Img_0447 Img_0448 Img_0432

右端は、五郎の首洗い井戸です。今は何の跡形も

ありません。凡夫川という川沿いにあります。

Img_0431Img_0430_2 Img_0429

右の二枚は、虎御前が、兄弟の霊魂が火の玉となり、

ふわふわと飛んできたという所。 下の三枚は

虎御前の腰掛石です。 今の神奈川県大磯から、

訪ねてきて、村人から十郎の悲報を聞き嘆き悲しんで、

座ったという石です。  俳句の季語に「虎が雨」 というのが、

ありますね。曽我兄弟が討たれた旧暦5/28には、十郎の恋人

虎御前の涙雨が降るという。   

Img_0409 Img_0410 Img_0411

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »